日本人の不眠症の割合

日本人の不眠症の割合は、約4割と言われています。かなり高い割合で、多くの日本人が不眠症に悩まされています。不眠症というのは、寝つきが悪くて、夜中にすぐ目が覚めます。また、ぐっすり眠った満足感がなく、早く目が覚めるなどして、不快感があります。

アンケート調査によると、不眠症の疑いなしの人は38.9%で、不眠症の疑いありとした人は38.1%で全体の約4割を占めていました。そして残り約2割の人が、不眠症の疑いが少しあると認識しています。不眠症の原因は、ストレスで、不眠症状が強まるにつれてストレスがある人の割合が高くなっています。

続きを読む

無農薬野菜を作る農家の苦労

無農薬野菜は基本的には農薬を使用せず作られた野菜です。
完全に無農薬にするためにはその土地で前に農薬が使用されていないか調べる必要もあります。
農薬が残留していた場合、作るのに農薬を使わなくとも野菜から検出される恐れがあるからです。
周囲で使用されていないかも気にする必要があり、ある程度広い場所を独占的に使える環境が望ましいでしょう。
無農薬野菜として販売することを考えなければ土地の残留や周辺での使用まで杓子定規に気にする必要はありません。
見落としがちなのが肥料です。牛糞や鶏糞などを使う場合、家畜が何を食べさせられていたかが問題になります。農薬がたっぷり使われた飼料を与えられていた場合、当然糞に農薬が残ってしまいます。
無農薬で育てる場合、害虫がある程度増えてくるのは仕方ないことですが、周辺に他人の畑などがある場合、無農薬農園がある種の害虫の避難場所のようにならないように注意しなければなりません。
販売する場合、形をそろえたり虫食いが無いようにするのも大変な困難を伴います。
害虫は丹念に取り除き、カバーをつけるなどすればかなり防げますが、やはり農薬を撒いた場合ほど徹底して駆除するのは難しい事です。
栽培に困難が伴う代わりに、無農薬野菜は健康にもよく、ブランドと認められ高く売れる場合が多いため、近年では収益を上げるためにそちらにシフトする農家も増えていっています。

定期購入が可能な野菜宅配

肩こり改善と枕について

肩こりで悩んでいる場合、どのようにすれば肩こり改善をすることが出来るのか、わからないという人も数多くいるはずです。肩こり改善の方法は色々とありますが、その中のひとつが枕です。
自分の身体にあったものを使うようにすることが大切です。自分の身体にあったものを使わないでいると、肩こりの原因になってしまうことが多々あります。一日の半分近く、人間は眠っています。その間、使っている枕が身体にあっていないと、肩が凝ってしまうこともあるのです。専門店に行くと、側頭部や頚椎部、肩などの高さを測定してくれます。

続きを読む